スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インパクトの時に左の手首が伸びてはだめなのです。

右腕の伸びと、右手首の伸び。左手首が早くたたま
れていない、左手首とシャフトがつくる角度。

欧米人のトッププロの「同じ共通の角度」なのです。

あなたの頭の中には、この欧米人のトッププロの「同じ共通の
スイングの形」のイメージがひとかけらもないのです。

スイングをイメージして練習することは、非常に効果的なので
す。練習の効果を何倍も加速させます。


世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは

99、99パーセントの日本人のゴルフスイングは大間違いだったことを!
あなたのゴルフスイングは
日本人のプロ、レッスンプロが日本国中に広めてしまった

ゴルフ初心者 スイングの悩みを解決する
何年やってても90、100さえも切れない

欧米人のゴルフスイングとはまったく 全然違う

極東の島国でのみ発達した
世界でも極めて特殊な野球下半身スイングです。


日本人だけがしている手足を無駄に動かす
野球下半身盆踊りダンスの「和式 ゴルフスイング」 です。


日本人のプロ、レッスンプロ
最大のあやまちは欧米人と違うスイングをしていることに、
まったく気づいていないことです。

そして、困ったことにD・レッドベターが指摘しているように

間違ったスイングをあなたに教えていることです。


ベン・ホーガンからD・レッドベターをへて
今日まで永遠と欧米人に伝統的に受け継ぐ


世界標準の欧米人ゴルフスイング をまったく知らない

手足を無駄に動かす
野球下半身盆踊りダンスの
和式ゴルフスイング を教える


日本人のレッスンプロに絶対に習ってはいけません!


飛ばない最大原因の弱々しくポワーンと高く上がる球質に悩まされている


年配者、女性 ローハンデになりたいシングルゴルファーは

このホームページで
解決してください。
短期間でゴルフのスコアをアップさせる

あなたがいくらやっても上手くならずに悩んでいるなら


ぜひ、私と同じ欧米人のスイングをマスターしてください。


世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは

インパクトの時に左の手首が伸びてはだめなのです。

左手の手首を親指側に折ってコックした状態と、左の手首を伸
ば した状態ではどちらがリストターンしやすいかためしてみて
ください。

手首が折れているほうがリストターンしやすいはずです。
リストターンが上手くできず悩んでいる人はこれが原因なのです。

右手で打ちにいくと、左手首は伸びてしまうのです。

インパクトを過ぎてから伸びた右肘が左手の手首をリストターンさせるのです。

インパクトの時にコックが少し保たれていることによって、ヘ
ッドが下に下がるトウーダウン現象が発生し、フェースがスク
エアーになるのです。

そう、プロレベルでしか起こりえないトウーダウン現象です。

コックはインパクトの時にも少し保たれているのはゴルフの基本です。


世界標準の骨を使った直線運動上達法 ゴルフ上達法革命とは
スポンサーサイト

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。